Markerise Markerise Cloud MRC Mail MRC Form MRC Master リード管理 顧客セグメント 名刺管理アプリ連携 メール配信 シナリオ配信 フォーム作成 Webアクセス解析 スコアリング リードナーチャリング セミナー管理 マーケティング分析 ホットリード 顧客コンタクト管理 MRC API SFA連携 WEBトラッキング アンケート結果取り込み 資料ダウンロード ポップアップ広告

MRCで出来ること

ワンランク上のリード管理

営業効率が上がらない主な原因の1つが「どこを優先的に攻めればよいか分からない」、いわゆる「リードクオリフィケーション」の問題です。大量の見込みリストに対して漫然とアプローチをしても疲弊するだけで、せっかくの受注機会を逃してしまうリスクもあります。

重要なのは「今」優先度の高いリードからアプローチを仕掛けていくことです。MRCはターゲットの選定基準として企業および顧客属性を持ち、加えて、現時点での見込み度合いを判断できるさまざまな行動・接点の情報を持っています。これを客観的な基準でスコアリングし、優先度を自動判定することで、高精度かつ効率的な営業活動を実現します。

さまざまな切り口のリード属性と接点情報を一元的に管理

業種などの会社属性や職種/役職などの顧客属性情報と、Webサイトの閲覧や資料のダウンロード履歴情報、展示会・セミナーの参加状況や営業のコンタクト状況などの行動情報を一元的に管理。さまざまな切り口で優先度の判定ができるようになります。

自動スコアリングによる客観的なクオリフィケーション

顧客属性情報と接点情報の各要素をポイント化し、スコアリング機能によって優先度を自動的に判定。「今」優先度の高いホットリードにアプローチすることで、営業効率を高めることができます。

名寄せ(データクレンジング)機能でデータの精度をキープ

正確なクオリフィケーションのためには、データの精度を保つ必要があります。MRCでは、名寄せ(データクレンジング)機能によって重複を防止し、データの鮮度を保ちます。 また、Webサイトの訪問者はアクセス元のIPアドレスから組織を特定できるため、企業単位で正確に優先順位を付けることができます。